RSS | ATOM | SEARCH
山鹿市 山鹿温泉 さくら湯

本県 

荒尾市 長洲町 南関町 
玉名市 岱明町 横島町 

天水町 和水町 玉東町 

お住いの皆様

福岡県 
大牟田市 

 

お住いの皆様


熊本県荒尾市 荒尾駅前

 
       市役所通り 

印鑑ゴム印・名刺・はがき印刷

 
はんこの店 平山印房です

実印は、から子供への

    大切な贈り物です!

 

秋の感謝祭1

 

 

秋の感謝祭4

 

 

 

 

 

山鹿温泉の観光案内地図です。

 

さすがに温泉町ですホテルや旅館が20件近くあります。

観光施設も多いですね。

 

さくら湯1

 

 

豊前街道の案内版です。

 

豊前街道は、藩政時代に熊本城下と豊前の小倉を結んだ

主要道路で 豊後街道とともに参勤交代のルートとしても

よく知られています。

 

細川忠利公が肥後の国に入る際に 肥後の国で最初の一夜は、

ここ山鹿湯町(やまがゆまち)だったのです。

 

                  山鹿市

 

さくら湯2

 

 

毎年お盆にテレビで中継される

有名な山鹿灯篭踊りの民芸館です。

 

さくら湯3

 

 

入り口には、両側に灯篭が飾ってあります。

 

灯篭踊りの時に踊り子が頭の上にのせて踊る

灯篭は、たしか紙で出来ていたと思います。

伝統工芸士が紙細工で作るんでしょうね。

 

さくら湯4

 

 

ここは、有料ですね。

入館料は、一般210円 中学生100円

 

灯篭民芸館と八千代座の共通券は、

一般630円 小中学生310円です。

 

 

さくら湯5

 

 

ようやく今日のお目当て『さくら湯』に着きました。

山鹿市の中心市街地 国道3号線と交差する

国道325号線沿いにあります。

 

入り口は、昔の建築によく使われる唐破風(からはふ)

様式です。

 

さくら湯6

 

 

 

提灯に「さくら湯」とあります。

 

「さくら湯」は、寛永17年(1640年)の肥後細川藩の

山鹿御茶屋がそのはじまりで明治初期に改築して以降 

明治31年(1898年)に改修 昭和48年(1973年)に

取り壊されるまで市民の生活の一部になっていたそうです。

 

 

現在の「さくら湯」は、平成23年7月着工、平成24年10月に

完成した建物です。

回の復元では、外観は、昭和48年の解体前のように

内観は昭和33年改修前の姿に再生されているそうです。

 

さくら湯7

 

 

道路側から入ろうとしたら 

反対側が入り口のようですね。

 

さくら湯8

 

 

こちらが入り口のようですね。

 

さくら湯9

 

 

営業時間は、朝6時から夜12時までです。

18時間も営業ですね。

入浴料金は、大人(中学生以上)300円

      子供(3歳以上)は150円です。

 

安いですねー!!

休館日は、第三水曜日です。

 

さくら湯10

 

 

さすが湯の町です。 源泉かけ流しです。

なんと贅沢なことでしょうか!!

 

さくら湯11

 

 

入浴券は、入り口左の券売機でお買い求めください。

石鹸やシャンプーは、備え付けておりません。

(持ち込み自由)

脱衣所のロッカーは、有料(10円)です。

靴の履き間違えにご注意ください。

カギ付きの靴箱もご利用いただけます。

 

さくら湯12

 

 

昼過ぎ3時からゆっくりと温泉とは、

なんとも贅沢な一日でした。

 

 

 

 

最後まで 
  ご覧いただき
     ありがとうございました。

   ― 印鑑の平山印房 ―

ハンコのことなら
   何でもお任せください。

荒尾市の皆様の

 
  幸福健康繁栄を願って

 
    本日も明るく元気営業中です!

印鑑は、親から子供
への
    
大切な贈りものです!

 

 

 

秋の感謝祭3

 

 

 

〒864-0057 

熊本県荒尾市大島141-2
       
荒尾駅前 市役所通り
       TEL0968-62-1310 
       FAX0968-62-1388


メールはこちらから
hirayamainbou@ybb.ne.jp  
印鑑の豆知識が満載です!!

熊本県荒尾市 
平山印房のホームページは

author:平山店長, category:平山日記, 09:01
-, -, pookmark
*iphone アプリ 開発
*ホームページ制作